ISSN 2436-3928 (Online)
発行地 : 東京都文京区

『人文×社会』第6号

全ページダウンロードはこちらから(6.53 MB)
目次
〈論文〉
都市計画における墓地開発の構想と現実――多摩ニュータウン開発を事例として 辻井敦大 
「反知性主義」の概念分析――知の運用へのまなざしの一考察 新井理志
〈評論〉
映画に学ぶウクライナ侵攻の前史――特に『ウクライナ・オン・ファイヤー』と『リヴィーリング・ウクライナ』を巡って 嶋崎史崇
〈史料研究〉
クリストフ・ヴィティヒ『アンチ・スピノザ』を読む(2)――訳と注解 笠松和也
〈翻訳〉
レヴィ=ブリュル『原始心性』「序」と「緒論」 南德鉉 訳
〈翻刻〉
末弘厳太郎の1924年度「労働法制」講義録――矢部貞治ノート(矢部家所蔵・衆議院憲政記念館保管) 藤亮介、大谷伸治
〈書評〉
世の中は一問一答で動いていない――山野弘樹(2022)『独学の思考法:地頭を鍛える「考える技術」』(講談社現代新書) 杉谷和哉 
Douglas L. Winiarski, Darkness Falls on the Land of Light: Experiencing Religious Awakenings in Eighteenth-Century New England. Chapel Hill: University of North Carolina Press, 2017. xxii + 607 pp. $49.95 (cloth). Satoru Kimura 
田野大輔『ファシズムの教室なぜ集団は暴走するのか』(大月書店,2020)――ホロコーストの複数性と「普通の人びと」の位相について 香川七海
〈アンケート企画〉
その「鍵括弧」はどういう意味で使っていますか? 企画・木村悠之介 
〈史料研究〉(縦組み)
『元典章・吏部』校定と注解(一)――職制二(作闕、給由) 彭詩画
『元典章・吏部』校定と注解(二)――職制二(給由) 李霊均 
訂正
執筆者紹介
奥付