概要

『人文×社会』とは

『人文×社会』は、東京大学人文社会系研究科・文学部の院生・学部生を中心とする若手研究者が自由に原稿を投稿できる新たな電子雑誌です。

多分野の研究者が共同で雑誌を作ることを通して、それぞれの問題意識を共有し、分野の垣根を超えた新たな連携・協力を生み出すとともに、人文学と社会をつなぐ領域を開拓することを目指しています。

現在のところ、刊行頻度は季刊(年4回)です。3月15日、6月15日、9月15日、12月15日の刊行を予定しています。

今後の詳しい刊行スケジュールは、こちらをご覧ください。

『人文×社会』投稿規定

投稿に際しては、以下の規定をご確認ください。

1. 投稿資格

2. 投稿区分

 2.1 企画投稿

 2.2 自由投稿

3. 投稿原稿の書式

4. 締切・投稿手順

5. 編集委員

6. その他

『人文×社会』Slackコミュニティーへの参加

『人文×社会』の誌面は、有志がSlackコミュニティーで議論をしながら作っています。このコミュニティーには誰でも自由に参加可能です。特に必要な参加資格はありません。企画立案に携わりたい方は、ぜひSlackコミュニティーにご参加ください。ただし、荒らしや誹謗中傷等の行為が発見された場合には、退会していただくことがあります。

Slackコミュニティーに参加する

現在の幹事

笠松和也(東京大学人文社会系研究科特任研究員、哲学)
谷川みらい(東北大学経済学研究科特任助教、日本近代史)
三浦隼暉(東京大学人文社会系研究科博士課程、哲学)